既婚者出会い佐賀県無料出会い掲示板

先月インタビューを成功したのは、まさに、以前からサクラのパートをしている五人の少年!
集まることができたのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、普通の学生Bさん、売れっ子クリエイターのCさん、有名芸能事務所に所属する予定のDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「では最初に、辞めたキッカケを確認していきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(昼キャバ勤務)「うちは、女性心理が理解できると思い辞めました」
B(スーパー大学生)「うちは、儲けられれば何でもいいと考えて躊躇しましたね」
C(クリエイター)「僕は、オペラ歌手をやっているんですけど、まだヒヨっ子なんで一切稼げないんですよ。スターになる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みするのがベストなんで、、こんなバイトやりたくないのですが、一旦アンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「オレは、○○って芸能事務所に入ってギタリストを夢に見てがんばってはいるんですがスタービーチみたいな出会い系サイト一回のコンサートで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトをやっています」
E(若手芸人)「実を言えば、自分もDさんと似た感じで、コントやって一回ほんの数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩に教えていただき、ゲリラマーケティングのアルバイトをすることになりました」
驚くべきことに、五名のうち三名ものメンバーが芸能プロダクションに所属中という貧相なメンバーでした…、それなのに話を聞いてみたら、五人にはサクラ独自の心労があるようでした…。

関連記事はこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ